読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイヤ・プリセツカヤ

テレビで初めてプリセツカヤの白鳥を観た時体重を感じさせない動きに驚いた と言うより子供の私には本当の鳥のように見えた 60歳をすぎての公演で瀕死の白鳥を4回も5回もアンコールしてくれた 偉大なのに気さくで優しい人だった 同じ時代に生きられたことは…

妖精だった頃

タキシードに網タイツシルクハットとステッキ そんな衣装で踊ることに憧れていた幼少のわたくし 大きくなったら。。。と思っていたけどかなわず なぜなら私が習っていたのはクラシックバレエ 春になるとなぜか踊りたい気持ちがよみがえります 家で踊るのやめ…